一度は登ってみたい富士山。最近の登山ブームで装備も服装もおしゃれなものがたくさんあります。ですが、気になるのは価格と予算ではないでしょうか?では、富士登山の費用は具体的にいくらかかるのでしょうか?モデルルートを元に、実際にかかる費用をご紹介します。

富士山に登るのに、登山道具ってけっこう高いの?

アウトドアブランドの装備を買えば高いけど、工夫次第で費用を抑えることもできるよ。

そうなの?その他にどんなところにお金がかかるのかな?

装備以外にも、山小屋に泊まるなら宿泊費、往復の交通費、その他にも費用がかかるから、予算をしっかり計画した方がいいかもね。

富士登山の平均的予算


富士山に登るのに、登山道具ってけっこう高いの?

平均的な目安をもとに考えれば、予算も出しやすいかもね。

富士登山に挑戦したいけど、道具をそろえるとお金がかかりそうと思う方も多いのではないでしょうか?富士登山にかかる予算はいったいいくらを目安にすればよいのでしょうか?

大まかな平均予算です。
・交通費 8,000円
・宿泊費 10,000円(1泊)
・飲食代 7,000円
・トイレ代 1,000円
・登山道具代 32,000円
合計58,000円

費用の中でも登山道具はお金がかかります。実際に高価な道具をそろえると25万円くらいかかる場合があります。せっかくだから良い物を購入したくなりますが、現実的にはなかなか難しいと思います。インナーなどは家にあるものを使い、安全面に考慮したものだけを購入することをおすすめします。

関東発のおすすめのバスツアーを見る

どんなものにお金がかかるの?


必要なものだけ購入して、あるものですませられないかな?

やっぱり、安全面を考えると靴やレインウエアは買った方がいいみたいだね。その他に登山に必要なものを調べて、家にあるもので代用できるといいよね。

では、安全面にかかわるものとはいったいどんな物でしょうか?

登山靴

登山靴は自分の足の幅・形にあっていないと靴擦れなどケガのリスクが高くなります。
お店の人に登山靴の選び方のアドバイスをもらい、自分に合った一足を選びましょう。

関東発のおすすめのバスツアーを見る

レインウエア

山では急に天気がかわることもあります。山では雨や風によって急速に体温がうばわれるため、ビニールの簡易レインウエアは不向きです。
しっかり水を防ぎ、内側の湿気を外に出すことができる素材のものを選びましょう。

関東発のおすすめのバスツアーを見る

防寒着

夏でも山頂付近は最低気温がマイナスになることもあります。フリースや軽量のダウンジャケットなどを持参すると良いでしょう。念のため使い捨てカイロなどを用意しておくと安心です。

関東発のおすすめのバスツアーを見る


装備の他にも、主にお金がかかるものをまとめました。お金がなくてまともに食事ができない、トイレにも行けないなんて事態は避けたいですよね。基本的には現金での支払いです。特にトイレは硬貨しか使えないので、小銭を多めに用意しましょう。

関東発のおすすめのバスツアーを見る

主にかかる費用

登山靴ハイカットで靴底がしっかりとしたもの。

1万円程度。
ザック (リュック)山小屋泊なら30リットル前後のもの。

1万円程度。
ヘッドランプ 2,000円程度。
レインウエア防水性・透湿性に優れた素材の物を選びましょう。

1万円程度。
食べ物・飲み物1食1,000円程度。

1泊なら6食分。

山では飲み物は高い価格で販売されているので、事前に準備していきましょう。
交通費東京から河口湖口まで、電車とバスを使用した際の交通費の目安です。

片道約4,000円 往復約8,000円
宿泊費山小屋での宿泊は1万円前後。
トイレ代多くのトイレは1回200円です。
関東発のおすすめのバスツアーを見る

具体的なプランを考えて予算を出そう


だいたいわかってきたよ。あとは行く日程を考えればいいかな?

ちょっとまって!日程も重要だけど、どの登山ルートを登るかで予算が出しやすくなるから、まずは登山プランを先に考えた方がいいと思うよ!

具体的な富士登山のプランをたて、予算を出してみましょう。ここでは、初心者向けの富士宮ルートで考えてみます。


富士宮ルートは登山口の標高が高く、山頂まで最短距離で行くことができるため、初心者でも安心のルートです。新幹線の「新富士宮駅」から登山口まで直通バスがでているのでアクセスが楽です。所要時間は登りが約5時間30分で下りが3時間50分となっています。トイレは5合目までの利用料が100円、六合目からは利用料が200円のトイレがほとんどです。トイレの回数を少なくするために水分を控えるのはやめましょう。

関東発のおすすめのバスツアーを見る


ご来光を見たい方は、山小屋で1泊するプランがおすすめです。日帰りの「弾丸登山」だとどうしても夜間の登山になるため、睡眠不足は避けられません。暗い中、足元がよく見えない状況での登山はかなり体力を消耗します。疲労と眠気で思わぬ怪我をする危険性があり、とてもハードなのでやめたほうが無難です。自分に合った、無理のない登山プランを立てましょう。

関東発のおすすめのバスツアーを見る

お金をかけずに富士登山はできるか?


富士山って公衆トイレにもお金がかかるんだね。知らなかったよ。思っていたより予算オーバーしそう・・・

そうだね。でも、ちょっとの工夫で、予算を抑えられるかもしれないよ!

富士登山で一番費用がかかるのはやはり装備です。登山装備は安全面にかかわる事なので、できれば十分な装備がほしいところです。しかし「今後も使うのか・・・」と考えると、二の足を踏んでしまうのではないでしょうか?できるだけ装備を安くすませる方法を紹介します。

フリーマーケットやオークションアプリを使って購入する

最近はスマートホンのアプリで手軽にフリーマーケットやオークションを利用できるようになりました。思いがけなくブランドの登山用具を手に入れることができるかもしれません。

関東発のおすすめのバスツアーを見る

リサイクルショップを利用する

先日、筆者もリサイクルショップへ行ったのですが、おしゃれな登山グッズがたくさんありました。ほぼ新品と思われる商品もあり、ネットと違い実物の状態を見る事ができ、リーズナブルに手に入れる事ができるのでリサイクルショップはおすすめです。

関東発のおすすめのバスツアーを見る

他の物で代用

最近の作業着専門店では、高機能で快適な作業着がお手頃価格で販売されています。最近では、レディースも種類が豊富になってきました。色もデザインもおしゃれなものが多いので、コスパで考えるならおすすめです。

関東発のおすすめのバスツアーを見る

レンタルを利用する方法もある


2回目行くかわからないのに、装備を買うのはちょっと抵抗があるかな?

それなら、レンタルを利用する手もあるよ。レンタルで使って気に入った物を少しずつ揃えていくのもアリだと思うよ!

それでも、わざわざ登山用品を購入するのをためらう人もいるかもしれません。それなら、装備をレンタルすることをおすすめします。レンタルなら上級者のアドバイスを聞くことができ、レンタルした装備が気に入れば徐々にそろえていく方法もあります。最近では、装備をまるごとネットレンタルできるサービスがあります。もし、体調不良や天候不良になっても、前日までなら全額返金できるサービスもあるようです。

本格的な登山を経験したことがない人にとっても、一度は登ってみたいと感じる富士山。今年こそ日本一の山を制覇してみませんか?

富士登山ツアーへ行くならこちら
TRIPin事務局

TRIPin事務局

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ