釣りは初心者だけど、誰しも1度は自分で釣った魚を食べてみたいと思うはずです。東京から2時間弱で行ける南国の海、伊豆諸島で釣りを楽しんでみませんか。海はとてもきれいで、釣り以外にも天然温泉があって色々と楽しめます。

この前、友達と釣りに行ったんだけど、意外と楽しかったの。もっと色々な魚を釣ってみたいなと思って、伊豆諸島に観光がてら行こうって話が出てるんです。

いいですね。伊豆諸島は色々な魚が釣れますし、初心者でも釣りを楽しめますよ。

ただ、釣竿などの道具はまだ買っていなくて。レンタルできて、初心者でも釣りができるなら試してみたいなと思っているんです。

島にもよるけれど、釣竿のレンタルがあったり、足場が安定している釣り場があったり、釣りのツアーがあったりと楽しみ方も色々ありますよ。

そうなんですね。まだまだ本格的な釣りをするには知識や経験が足りませんが、是非体験してみたいです。

そこで釣れる魚の種類や大きさで釣竿や餌などの選び方が変わるのも覚えておくと良いですね。

伊豆諸島は釣りのメッカ


提供元:一般社団法人 八丈島観光協会

釣りなんてほとんどしたことないけど、1度は釣った魚を食べてみたいと思っているのですが…。

釣りは難しい部分もありますよね。釣った魚の調理も知らないと困ってしまいます。ですが伊豆諸島に行けば、釣り具をレンタルしてそのまま釣りに出かけたり、釣った魚を宿の人が調理してくれたりします。

伊豆諸島では防波堤から普通に魚が釣れると聞いたので、是非体験してみたいと思います。けど釣れなかったらどうしよう…。

伊豆諸島は釣りのメッカとなっており、釣り専用のプランもあるので、そちらに参加してみるのはどうでしょうか。

釣りのメッカ伊豆諸島。釣りを始めたばかりの人も、釣りが好きな人も1度は自分で釣った魚を食べたいものです。魚が釣れない場所で釣りを続けても楽しくありませんし、できるなら釣れる場所で釣りたい!伊豆諸島は絶好の好漁場として多くの釣り人が訪れています。全てをレンタルして堤防で釣りを楽しむ体験プランや、釣り場まで船で出かける本格的な船釣りまで、初心者から経験者まで釣りを余すことなく楽しめます。

伊豆諸島ツアーへ行くならこちら

初心者におすすめ、各島の釣りポイント

島での釣りというと、ベストを着て岩場に上って釣りをしているイメージなのですが、危険はないのですか?

磯釣りに関しては確かに危険を伴う場合があります。ただし、防波堤や港で釣りをする分にはそこまで危険ではありません。

それなら初心者は堤防から釣りをするのがいいのでしょうか?

そうですね、経験者と一緒に船釣りや磯釣りを楽しむのも良いですし、初心者だけであれば、釣具屋さんからアドバイスを受けながら釣りをするのが1番楽しめます。

釣り経験がない人や、まだ始めたての人におすすめなのが防波堤での釣りです。足場が安定しており、釣れる魚もある程度絞れるため、釣竿や餌について悩む必要はありません。初心者におすすめの釣りポイントを紹介していきます。もちろん釣竿を持参したり、経験者の方と一緒に行ったりする場合は、もう少しハードルが高い場所へ出向き、色々な魚を釣ることができます。釣りだけがメインなら釣り宿を利用し、1日船で釣りに出るプランもあるので、旅の目的と合わせて考えましょう。

 

伊豆大島の初心者向けおすすめ釣りスポット


提供元:東京諸島観光連携推進協議会

岡田港や元町港の防波堤で釣りを楽しむことができます。近くの釣具屋さんで貸し竿などを行っています。漁港なので防波堤から釣りを楽しめるスポットになっており、釣れる魚はアジがメインで、メジナやサバ、メバルなどが釣れる場合もあります。観光ついでに釣りをするなら竿をレンタルして釣りを楽しみましょう。

伊豆大島のおすすめツアーを見る

 

新島の初心者向けおすすめ釣りスポット


新島では黒根港が一番大きな堤防で、釣れる魚の種類も豊富です。青物魚の大物が釣れることもあり、大物を狙ってみたい人は立ち寄ってみましょう。フェリーが接岸する堤防の方ではアカイカが良く釣れます。


間々下海岸の方ではヒラメを狙うのに最適で、羽伏浦漁港にある堤防はフェリーなどの接岸があまりなく、魚の種類も豊富です。釣れる魚はカンパチやサバ、ヒラメなどが多くおすすめです。


釣りスポットの場所によっては車がないと行きづらいため、レンタカーを借りるのが良いでしょう。新島に釣具屋は1店舗しかなく、新島マリンに立ち寄ってレンタルする形になります。借りる際に釣れる場所などを聞いておくと相談に乗ってくれるかもしれません。

新島のおすすめツアーを見る

 

式根島の初心者向けおすすめ釣りスポット


提供元:一般社団法人 式根島観光協会

式根島のおすすめスポットは、船着き場でもある野伏港です。竿などをレンタルすれば、そのまま釣りができるのでおすすめ。釣れる魚はマダイやアジなどの青物です。式根湊では夜釣りがおすすめですが、初心者の方は海に落ちないよう気を付けて行いましょう。夜釣りで釣れるのはアカイカで、調理できる人がいれば、自分で釣ったイカや魚をそのまま食べられるという贅沢を味わえます。

式根島のおすすめツアーを見る

神津島の初心者向けおすすめ釣りスポット

神津島のおすすめスポットは、前浜桟橋や多幸湾桟橋がおすすめです。磯釣りやサーフ釣りもできますが、行く際は経験者の方と一緒に行きましょう。紹介した桟橋は、島の正反対の場所に位置しており、風の向きなどでどちらかを選ぶと良いでしょう。釣りに適さない風というのも存在し、行ってみたけど釣りどころではない場合もあります。

ここで釣れる魚は、アジやイサキ、メジナなどから、カンパチやアオリイカなどです。

神津島のおすすめツアーを見る

三宅島の初心者向けおすすめ釣りスポット


三宅島のおすすめスポットは、基本的に島全体といっても過言ではありません。ただ、初心者には堤防がおすすめのため、港周辺で釣りをするのが良いでしょう。三宅島には釣具屋が2店舗あり、釣竿をレンタルできます。最寄りの桟橋は三池港桟橋と錆ヶ浜港になるので、初心者でも楽しめます。三宅島と言えば船釣り。三本岳などのスポットはマグロも釣れます。少し釣りを学んでから行くと、この楽しさが分かるようになるかもしれません。

三宅島のおすすめツアーを見る

八丈島の初心者向けおすすめ釣りスポット

八丈島のおすすめスポットは、神湊漁港や底土港です。堤防や港から釣りができるため初心者にぴったり。八丈島は大きいサイズのカンパチやヒラマサが釣れているため、釣り人の聖地となっています。マグロも釣れるため、準備は入念にしておきましょう。八丈島沖合は、釣り人にとって最高の環境です。船釣りをすればたくさんの大型魚が釣れるので、是非1度試してみてはいかがでしょうか。

八丈島のおすすめツアーを見る

 

伊豆諸島で釣れる魚の種類


提供元:一般社団法人 八丈島観光協会

伊豆諸島では何でそんなにたくさんの魚が釣れるんですか?

黒潮が流れてくるため、回遊魚が回っているほか、島周辺の入り組んだ海の地形が岩礁性の魚たちに好まれているからです。

なるほど!地形と潮の関係があって魚たちには過ごしやすい地域ということが分かりました。ここで獲られた魚たちは地元で消費されるのですか?

もちろん地元でも消費されますが、一部は豊洲市場に卸されています。

ここで釣られた魚を私たちも食べているのですね。どんな魚が釣れるのでしょう?

アジやサバ、カンパチにマグロ、色々なものが釣れるのでご紹介します。

伊豆諸島の釣りで釣れる魚の種類です。狙った魚を釣りに行きたい人や、とりあえず釣りを楽しみたい人、簡単に釣れるものから大きなマグロまで!様々な種類の魚を釣ることができます。

 

青魚が釣りやすい


堤防からの釣りだと青魚が狙いやすいです。メジナ、ブダイ、イサキ、イスズミ、メバル、サバ、タカベ、スズメダイ、ニザダイ、トビウオ、オジサン、ベラ系、カワハギなどが釣れます。釣り場によって釣れる魚も変わってくるので、現地の人や釣具屋さんに聞いてみると良いでしょう。

 

泳がせ釣りやルアーでカンパチなどの大型魚を釣ってみよう


魚食性の高い魚を狙うには活餌やルアーを使って狙ってみよう。青魚を餌に大型魚を狙うというパターンもあります。大きな魚を狙う際は、釣り針や釣り糸のサイズに注意してくださいね。釣れる魚は、ウツボ、アカハタ、カサゴ、ハマフエフキ、カンパチ、ヒラマサ、ワラサ、イナダ、ソーダガツオ、マグロ、アオリイカなどです。大きく力のある魚たちなので、磯釣りなどの際には引き込まれないように注意してください。

伊豆諸島ツアーへ行くならこちら

釣り初心者が伊豆諸島で釣りをするなら

釣りと言っても川と海でも違い、海でも陸釣りや磯釣り、船釣りなど色々と別れていることを知りました。

釣りと一言で伝えても実際に見たり、やったりすれば大変さが分かると思います。

いろいろ勉強して船釣りをし、自分で釣った高級魚をおいしいお酒と一緒に頂きたいですね

そういった醍醐味があるのが釣りの面白さでもあると思います。料理をしてくれる宿や、船釣りがセットになったプランなど、探して参加してみましょう。

今回は伊豆諸島で初心者でも楽しめる釣りスポットやお役立ち情報を紹介しました。地元の人たちが営んでいる民泊などでは、レンタサイクルなども貸して頂けたり、初心者に釣りを指南してくれたりと、旅ならではの醍醐味も。宿泊するなら自分で釣った魚をつまみに一杯楽しみたいですね。観光や釣りを目的に、また、行きたい島ややりたいことなどをまとめて日程を組めば、満足できる週末を過ごせます。ツアーなどのプランもあるので合わせてそちらもチェックしてみてください。

伊豆諸島ツアーへ行くならこちら
TRIPin事務局

TRIPin事務局

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ