神津島に行ったら何をすればいいのかなとお悩みではないでしょうか。神津島に行ったらぜひ星空を見に行ってください!神津島は国内で2番目・東京都初の星空保護区に認定されました。星空保護区や星空スポットについて解説していきます!これを読めば神津島の星空マスターになれるでしょう。


今度神津島に行くんだけど神津島って色々できるよね?なにをしようか迷ってるんだ。

神津島は海もきれいだし天上山もすごく良いから迷うよね。でもね、ぜひ星空を見てほしいんだ!

星空か~夜も観光できるなんて最高だね!!神津島の星空ってそんなにすごいの?

そうだよ!島全体で星空の保護に力をいれているんだ!2020年には西表島に次いで星空保護区に認定されたんだよ!

星空保護区?聞いたことないけど、きっとすごく綺麗なんだろうな~

まるで天然のプラネタリウムだよ!!詳しく見てみよう!

東京都初!神津島が星空保護区に認定



星空保護区ってどこが決めているの?

アメリカに本部がある、国際ダークスカイ協会だよ!!

なるほど!じゃあ認定されるのはなかなか大変だったんじゃないかな~

そうだね!島の街灯を全部変えたりしたんだよ!島全体で頑張った成果だよね!

すごいな~島一丸になったんだね!島の人も神津島の星空が大好きなんだね!

そうだね!どんな事をしたのか一緒に見てみよう!!

神津島のツアーを見る

神津島について


神津島は都心から南へ約180kmはなれた伊豆諸島の真ん中あたりに位置しています。高速ジェット船で4時間ほどで行ける東京都の離島です。
昔伊豆諸島の神々が話合いに集まったという伝説や、「花の百名山」天上山を擁する名山と名水の島で、白砂の前浜海水浴場、飛び込み台のある赤崎遊歩道など、夏は海水浴や磯遊びも楽しめます。
神津島がなぜ星空観察に適しているかというと、神津島は島民の多くが西側の集落に集中しているため、集落を外れると街灯がまばらになり光の影響もないので多くの星を見ることができるのです。

神津島のツアーを見る

国際ダークスカイ協会と星空保護区


“国際ダークスカイ協会(IDA) が2001年に始めた「ダークスカイプレイス・プログラム」(和名:星空保護区認定制度)は、光害の影響のない、暗く美しい夜空を保護・保存するための優れた取り組みを称える制度です。認定には、夜空の暗さ(星空の美しさ)だけでなく、屋外照明に関する厳格な基準や、地域における光害に関する教育啓発活動などが求められます。そしてそれらは、自治体・観光業界・産業界・地域住民など多くの人々の理解と努力によって支えられます。
また、認定の公表により、夜空保護の重要性、光害問題の現状と対策について、広く啓蒙することを目的としています。”
(参照:星空保護区®認定制度:ダークスカイプレイス·プログラム)

星空保護区は6つのカテゴリーに分かれており、ニュージーランド・テカポ湖やナミビア・ナミブ砂漠、アイルランド・アイベラ半島などが認定されており、2018年3月国内で初めて西表石垣国立公園がダークスカイ・パークに認定されました。そして2020年12月1日に国内2番目東京都初ダークスカイ・パークに神津島が認定されました。また今回は特別な呼称「ダークスカイ・アイランド」の使用が認められています。

冬には、日本の限られた地域でしか見ることのできない「カノープス」を見ることもできます。

神津島のツアーを見る

星空保護区認定までの取り組み


神津島村では美しい星空を保護するため「神津島星空公園条例」及び「神津島村の美しい星空を守る光害防止条例」を制定しました。

星空保護区認定の条件「ダークスカイ・パーク」
(1)夜空の暗さがIDAの基準をクリアしていること
(2)屋外照明の形状・色温度などがIDAの基準をクリアしていること
(3)地域住民の理解と賛同
(4)その夜空を体験できるプログラムやツアーの実施

夜空の暗さの認定基準値は21.2等級で、これは光害がほとんどない「天の川の複雑な構造が確認でき、星団などの観測ができる」夜空を意味しています。条件をクリアするため神津島村では様々な活動が行われてきました。中でも大掛かりだったのは、夜空に光が漏れない公害対策型の街灯の設置です。大手電機メーカーの協力で特注の街灯を製造し、現在島内のほとんどの取り替えを行い、2022年3月までにはすべての街灯の取り替えが完了する予定です。
島民の方々へは住民説明会で協力を求め、日没一時間以降の屋外看板の点灯禁止など生活に影響しかねない内容でしたが、歓迎する声が大多数だったそうです。また島民自らが星空案内できるようにと2016年から始まった島民ガイドの育成も今回の認定に評価されました。

こうして島民の方々が一丸となって取り組み、星空保護区に認定されました。

神津島のツアーを見る

神津島のオススメ星空スポット



国内で2番目の星空保護区がまさか東京都だなんてすごいことだね!

そうだね!!最近は国内で申請する準備をしているところがあるみたいだから増えていくといいね!

うん!神津島にいったら星空を見たいんだけどどこかいいスポットないかな~

僕は前行ったとき浜辺で見上げた星空が忘れられないな~波の音と満天の星空は最高だったよ!

うわ~想像しただけですごく良いね!!絶対見に行くよ!!

是非行ってみて!!他にもオススメスポットがあるから一緒に見てみよう!!

神津島のツアーを見る

気軽に行ける!よたね広場


よたね広場は集落中心から10~20分程度の高台に位置しているので比較的、夜の散策にベストなスポットです。トイレや自動販売機もあるのでさらに安心ですね!実は徒歩で行けて夜空が暗く、視界が広いロケーションはあまりないので貴重なスポットです。神津島で行っている星空観賞会もこちらで行われているメインスポットです。ベンチや遊具から眺めたり、レジャーシートを広げて寝転がりながらもみるのもオススメです。

神津島のツアーを見る

絶好のスポット!赤崎遊歩道


赤崎遊歩道は島の北部に位置する赤崎海岸に作られた全長500mの木製遊歩道です。自然の入り江を生かした海水浴場は冒険心をくすぐる飛び込み台が設置されており、魚も多いためシュノーケルスポットにもなっています。集落中心から離れており、街灯がないため夜は真っ暗で星空観察には絶好のスポットです。

神津島のツアーを見る

朝日もオススメ!三浦湾展望台



三浦湾展望台は神津島空港へのアクセス道路沿いにある展望台です。島の南東部に位置しており眼下に三宅島や御蔵島を望め、天気の良い日は水平線の彼方に八丈島を望むことができます。奇岩に囲まれた三浦湾や、波によって浸食された洞窟など絶壁の上に生えている松とエメラルドブルーに輝く海とのコントラストが美しく壮大な景色が広がっています。こちらも集落中心から離れているため星空観察にオススメなスポットです。

こちらには駐車場がありますので車で行くことも可能です。
実はこの三浦湾展望台は朝日を見るのにもオススメです。星が一番見える時間帯は夜明け前です。少し頑張って星空と朝日を見るのも良いですね。

神津島のツアーを見る

星空観察にお勧めの持ち物



どこも素敵な場所だね!気軽にいくならよたね広場かな!

そうだね!神津島は集落が集まっているから、中心に近いよたね広場は行きやすいよね。

星空観察って何をもっていけばいいのかな?

星座早見盤や赤いライトとかは必要だね!

なるほどね!赤いライトってなんだろう?あと他にはある?

もちろん他にも持って行った方があるのと、観測する前にやったほうがいいこともあるから一緒に見てみよう!

神津島のツアーを見る

星空観察スポットについたら

まず観測スポットについたら暗さに目を慣らすため15分ほど待ちましょう。暗闇に目を慣れさせることを暗順応と言いより多くの星を見ることができます。スマホの画面もあまり明るくすぎないようにしましょう。

神津島のツアーを見る

持って行くもの!基本編


・懐中電灯
観測スポットに行くまでは暗い道を通ることもあります。事故を防ぐためにも必ず持っていきましょう。予備の電池を持てばさらに安心です。極力足元だけを照らすようにしてください。できれば赤いセロファンなどをつけて赤い光にするのもおすすめです。赤い光を使うのは暗闇に慣れてきた目を眩しくさせないため、暗順応した目でスマホや車のライトを見ると暗順応がリセットされてしまうのです。そこで赤い光であれば暗順応を妨げにくくなるため星空観察には適しています。

・星座早見盤
目的の星座を見るときに役立ちます。まず目安の星を見つけて早見盤と見合わせてみるといいでしょう。スマホアプリで代用できますが前記の通り暗順応をして多くの星を見るのであれば早見盤を利用することをオススメします。

・方位磁石
星座早見盤で星座の位置を知るのに便利です。方角を確かめながら目的の星を探して見ましょう。

神津島のツアーを見る

持っていくもの夏季編


・虫よけグッズ
夏の星空観察の天敵ですので是非虫よけグッズは持って行ってください。長袖やズボンなどで肌を覆うことも有効です。

神津島のツアーを見る

持っていくもの冬季編


・厚着の服装
冬季は特に風が強いため防寒には一層力をいれてください。上着や厚手の靴下、ニット帽などもオススメです。
風は強いですが、その分空気は澄み渡り星空はさらに綺麗に見えるはずです。1年で星空観察にお勧めなのはやはり冬ですね。

・ブランケット、ホッカイロ
こういったものも持っていくと安心です。

神津島のツアーを見る

島民ガイドとFullEarth



なるほど!赤いライトが大事なんだね!勉強になったよ!

他にも観測している人がいるからできれば赤いライトにした方がお互い良いよね。

せっかくだから島民ガイドさんのお話も聞いてみた方が楽しそうだよね?

旅に行ったら地元の人の話を聞くのは面白いよね!

いろんなガイドさんがいるから何回いっても良いよね!

そうだね!島民ガイドさんについて詳しく見てみよう

熱海発ジェット船で行く神津島のツアーを見る

島民ガイドについて


島民ガイドは2016年から観光協会が島民を募り「神津島星空ガイド養成講座」を受講し育成を行っています。その島民ガイドと一緒に見る星空観賞は20時よりよたね広場で開催しています。ガイドの解説を聞きながら見上げる星空はまるで天然プラネタリウムです。季節の星座や流星群などを、星座の物語などと絡めてお話をするので何度でも楽しめます。

お申込みは神津島観光協会主催 星空観賞会お申込みまで。
料金は1人3,300円当日観光協会窓口にてお支払いください。(現金のみ)
お申込みは2か月~3日前まで、最少催行人数は3名様です。

また、満月の夜前後日は月明かりのため星が少し見えづらくなります。天候やコンディションにより観光協会が催行不可と判断した場合は催行中止になります。当日の催行判断は当日17時ですのでご連絡が取れるようにしておいてください。

神津島の星空ツアーを見る

FullEarthについて


島民ガイドも務める古谷さんは小笠原諸島や世界一の星空と称されるニュージーランド・テカポ湖でネイチャーガイドの経験を積み、
神津島の人々のあたたかさに触れ移住を決めました。そして神津島でFullEarth・ネイチャーガイドとして神津島の自然の魅力を伝えています。
FullEarthのツアーでは、口径20㎝の本格的な天体望遠鏡を使用し、鮮やかに輝く恒星や万華鏡のような星団、タイミングがあえば惑星やお月様も観察できるかも知れません。
小さなお子様から専門知識のある方まで、どなたでもお楽しみ頂けます。またFullEarthのツアーは1名様から参加可能です。

FullEarthのツアーはなんといっても古谷さんの人柄と豊富な知識です。いろんな質問も答えてくれるはずです。そして親切丁寧に解説もしていただけますのできっと神津島旅行で楽しい思い出になることでしょう。
またFullEarthではスターウォッチングだけではなく、日中は花の百名山天上山をトレッキングガイドするディスカバリーツアーも催行しています。

神津島の星空ツアーを見る

神津島で天然プラネタリウムを楽しもう!



やっぱり島民ガイドさんのお話は聞いてみたいな~

そうだね!やっぱり解説や地元のお話は聞いた方がより楽しいよね!

うん!!じゃあ行く前に早速予約しないと!!

現地の天候や満月もちゃんと調べてみてね!せっかく行くなら満天の星空を見てほしいよ!

星空観察楽しみだな!しっかり調べて行ってみるね!星空の写真も撮ってみるよ!!

うん!お土産話や写真も楽しみにしているね!!

神津島は国内で2番目・東京都初の星空保護区ダークスカイ・アイランドに認定されました。これまでに、街灯の入れ替えや島民の方々の協力・理解、星空ガイドの育成など、この美しい星空を保護・保存するため地域一帯で様々な活動をしています。その星空はまるで天然のプラネタリウムです。ぜひ神津島に行った際は星空観察をしてみてください。きっと忘れられない思い出になることでしょう。

神津島のツアーを見る

Tripin編集部

Tripin編集部

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ