東京から南に約120km、神奈川県の江ノ島から南に約60km、関東で初めて日本ジオパークに認定された、大自然たっぷりで観光はもちろんダイビングやサイクリングなどのアクティビティ体験も楽しめる伊豆大島。プチリゾート気分を楽しめる島にはホテルや旅館をはじめ、民宿・ゲストハウス・コテージ…など、様々なタイプの宿があり、実際に予約するとなると迷いますよね。そこで今回は食事が人気のおすすめグルメ宿7選をご紹介します。

夏だし、やっぱり海で思いっきり遊びたいね!

せっかくなら島に行こう!自然いっぱいでリゾート気分も味わえる伊豆大島なんかどう?

いいね!海も綺麗だし、夏を満喫できそうだね♪

宿泊施設もたくさんあるみたいだから、どこにしようか迷うね!

泊まるなら絶対、美味しいご飯が食べられる宿がいい!

そうだね、じゃあ美味しい地元グルメが楽しめる人気の宿7選、いってみよう!

源泉掛け流し温泉と、特産の椿油を食す「大島温泉ホテル」


(※写真は夕食の一例です。)

大島温泉ホテルは三原山を望む雄大な景観を誇る『源泉かけ流し三原山温泉』が自慢の老舗ホテルです。源泉掛け流しの露天風呂からは雄大な三原山が望め、心も身体もゆっくりとリラックスすることができます。また、客室に付いているお風呂でも温泉を楽しむことができるのも嬉しいポイント。大島温泉ホテルの自慢の逸品は、特産の椿油を使用した名物「椿フォンデュ」。伊豆大島名産の明日葉や、串に刺した新鮮な海老などの魚介類・野菜に衣をまぶし、こだわりの「椿油」に付けて、揚げたて最高の状態を味わうことができます。夕食ではこの椿フォンデュと金目鯛のしゃぶしゃぶ、磯の鉄板焼きの3つから選択でき、お好みのコースで大島の海の幸をお楽しめます。また、新鮮な刺身の盛合わせや金目鯛の煮つけ、べっこう寿司、あぶり寿司など大島ならではの食材を別注で堪能することもできます。さらに、もっと食べたい!という方に向けて、「椿フォンデュ」「お刺身」「磯鉄板焼き」それぞれ追加料金にてボリュームUPも可能です。心行くまでグルメを満喫することができますね。

大島温泉ホテルのツアーを見る


【大島温泉ホテル】
住所:東京都大島町泉津字木積場3-5
公式URL:http://www.oshima-onsen.co.jp/
アクセス:大島元町港・岡田港よりバスで18分、大島空港より車で15分

大島温泉ホテルのツアーを見る

天然温泉&獲れたて食材を味わう「ホテル白岩」

ホテル白岩は伊豆大島中心地の元町にあり、移動や島内観光に便利なホテルです。館内には御影石や十和田石を多用し、高い天井と大きなガラスで開放感バツグンの大浴場と、開花期には多彩な椿を鑑賞しながら浸かれる露天風呂があります。1986年の三原山大噴火の際に噴出した少し塩辛い温泉で、美肌効果があると言われています。敷地内からは三原山をはじめ、晴れた日には南に伊豆七島、西に伊豆半島を望むことができます。ホテル白岩では、大島名物椿油のオイルフォンデュと、大島近海でとれた新鮮な海の幸など島の食材を使用したメニューを堪能することができます。また別注料理にて大漁舟盛り、伊勢海老の活き造り、金目鯛の姿煮、獲れたての新鮮な鮑は、お造り・酒蒸し・踊り焼・ステーキなど、お好みで味わえるのも嬉しいポイントです。

ホテル白岩のツアーを見る

【ホテル白岩】
住所:東京都大島町元町3-3-3
公式URL:http://www.h-shiraiwa.com/
アクセス:大島元町港より徒歩8分、大島空港より車で7分

ホテル白岩のツアーを見る

歴史のロマンを感じる絶景の宿「ホテル赤門」


(※写真は夕食の一例です。)

ホテル赤門は源朝為の館跡で、その名の通り真っ赤な門が目印のホテルです。元町港より徒歩1分に位置し、窓からは絵画のごとく青い海原を通う観光船と勇壮な三原山が望める絶好のロケーションが自慢で、露天風呂付の客室や離れのログハウスなど幅広いタイプの客室も人気です。ホテル赤門では伊豆大島でも珍しく敷地内に源泉が湧いており、大浴場と露天風呂で自家源泉「源為朝ゆかりの地に湧く為朝之湯」を楽しむことができます。夕食は季節のお造りや、お魚の煮つけなど海鮮を中心に、地元近海で水揚げされた素材の中から季節ごとに旬のものを厳選して提供しており、中でも素材の味を生かした海鮮しゃぶしゃぶは人気のおすすめグルメです。つくりたてにこだわり、いつでも最高の状態で提供するよう心掛けている為、絶品を味わうことができます。別注料理では、ちょっと贅沢に伊勢海老の活き造りも堪能することができます。

ホテル赤門のツアーを見る

【ホテル赤門】
住所:東京都大島町元町1-16-7
公式URL:http://www.ooshima-akamon.com/
アクセス:大島元町港より徒歩3分、岡田港より車で15分、大島空港より車で6分

ホテル赤門のツアーを見る

五感で自然を感じるくつろぎの宿「ホテル&リゾートマシオ」


提供元:東京都産業労働局農林水産部食料安全課
(※写真は夕食の一例です。)

ホテル&リゾートマシオは潮流や林が眼下に広がる伊豆大島の森の高台に位置し、全室オーシャンビューが自慢のホテル。1日3組限定だからプライベートステイをゆっくりと楽しむことができます。ホテル&リゾートマシオでは椿オイルを贅沢に使用し、全身をマッサージする「椿オイルトリートメント」や「エステフェイシャル」などのリラクゼーションコースもあり、心も身体もゆっくりと癒し寛ぐことができるため、女性に人気のホテルです。ホテル自慢の夕食は、伊豆大島の旬な海の幸・山の幸をふんだんに使用した創作料理が特徴です。中国の陰陽五行説で心身を活性化すると言われている「赤・黄色・青(緑)・黒・白」の5色の食材と伊豆大島の恵みを融合し、体に優しく彩りも美しい創作料理を提供しています。五感の80%を占めると言われる視覚で楽しむことはもちろん、味覚・嗅覚・触覚・聴覚全てで食事を堪能することができます。

ホテル&リゾートマシオのツアーを見る

【ホテル&リゾートマシオ】
住所:東京都大島町元町字大洞492-1
公式URL:http://mashio.com/
アクセス:元町エリア・到着港・空港~ホテルまで無料送迎あり(15時以降/要事前予約)
大島元町港より車で5分、岡田港より車で20分、大島空港より車で15分

ホテル&リゾートマシオのツアーを見る

伊豆半島&富士山が見える「旅荘富士や」


(※写真は夕食の一例です。)

旅荘富士やは歴史を感じる数奇屋作りが魅力で、落ち着いた雰囲気が幅広い年齢層に人気の宿です。天気の良い日は敷地内から伊豆半島や富士山を望むことができます。また、伊豆大島で人気の温泉施設「愛らんどセンター御神火温泉」や温泉露天風呂「浜の湯」にアクセスが良いこともポイントです。旅荘富士やが多くのファンに支持されている理由のひとつが、大島の海鮮食材を使ったボリュームたっぷりの食事です。島産物を取り入れた和食が中心のメニューをアットホームで家庭的な雰囲気で食べ、まるで故郷に帰ってきたような、心温まる時間を過ごすことができます。

旅荘 富士やのツアーを見る

【旅荘富士や】
住所:東京都大島町元町仲野203
アクセス:大島元町港より徒歩7分

旅荘 富士やのツアーを見る

ほっこり温かい、アットホームな宿「かんいち旅館」


(※写真は夕食の一例です。)

かんいち旅館は元町地区の中心にあり、海水浴場や観光、最寄りのスーパーにも近く、アクセス抜群の全5室の人気宿です。館内は全館無料wi-fi完備でネット環境が快適なのも嬉しいポイント。ご夫婦で経営されており、少数のお客様しか受け入れないからこそできる些細な気配りと、掃除が行き届いた明るい館内が魅力です。故郷に帰ってきたように、ゆっくり寛ぎたい方におすすめの宿です。
かんいち旅館ではここでしか食べられない、大島特産品の明日葉や海鮮を使用した大島の郷土料理をメインに、ボリュームある和食中心のメニューをお楽しみいただけます。

かんいち旅館のツアーを見る

【かんいち旅館】
住所:東京都大島町元町1-6-4
公式URL:
アクセス:大島元町港より徒歩4分、岡田港より車で9分、大島空港より車で6分

かんいち旅館のツアーを見る

嬉しい部屋食!心温まるおもてなし民宿「ふれあい民宿椿山」

ふれあい民宿椿山は元町地区の中心地にあり、「お客様の声を第一に」をモットーにした、ふれあいを大切にしているおもてなし民宿です。宿に到着すると、看板犬のパピヨン「小太郎」と、黒柴の「クロ」が元気に出迎えてくれ、心を癒してくれます。ふれあい民宿椿山では、魚はもちろんサザエやトコブシなどの海産物やお野菜など、食材はすべて地元大島産のものを使用し、タカベ・イサキ・メジナ・金目鯛など、大島ならではの獲れたて魚をお刺身や煮つけ、塩焼きで堪能することができます。お食事の締めに食べる、べっこう丼をアレンジしたご主人自慢「特製おやじ丼」はおすすめの逸品です!民宿では珍しく部屋食で提供しており、まわりを気にせずゆっくりと食事を楽しむことができるため、子供連れのファミリーからも人気のある宿です。作りたての温かい料理を食べてほしいという思いから一品ずつ提供しており、その心遣いからもより一層、美味しくいただくことができます。

ふれあい民宿椿山のツアーを見る

【ふれあい民宿椿山】
住所:東京都大島町元町4-19-52
公式URL:http://www.chinzan-web.jp/
アクセス:大島元町港より徒歩7分、岡田港より車で9分、大島空港より車で5分

ふれあい民宿椿山のツアーを見る

伊豆大島の地元民も通う、人気の日帰り温泉施設


提供元:大島町役場

伊豆大島には、地元民も通う「日帰り温泉施設」があります。もちろん、観光客も多く利用する施設なので、海水浴などで冷えた体をゆっくりと温めてみませんか?

<愛らんどセンター御神火温泉>

長根浜公園に隣接する天然温泉。ジャグジーや温泉プール、50畳の休憩室、レストランなどの施設もあります。水着やバスタオルの販売もあるので、気軽に立ち寄ることができます。
住所:東京都大島町元町字仲の原1-8
営業時間:
⓵6:30~21:00 夜行便が到着する日(7/26~8/31は5:30~21:00)
➁9:00~21:00 夜行便が到着しない日
定休日:第2水・木曜日(2・3・8月は変則)
料金:大人710円/子供300円

東京・竹芝発!伊豆大島へ行くツアーを見る

<大島温泉 元町浜の湯>

提供元:一般社団法人大島観光協会

長根浜公園にある海を見下ろす露天風呂で、雄大な富士山や美しい伊豆半島の山並を眺めながら浸かることができます。夕刻日没間際は伊豆半島に沈む夕日が空と海原が茜色に染まり、美しい景色が広がります。水着着用で混浴露天風呂の入浴も可能です。
住所:東京都大島町元町字トンチ畑
営業時間:13:00~19:00 夏期は11:00~19:00(天候により休み有)
料金:大人300円/小人 150円 

東京・竹芝発!伊豆大島へ行くツアーを見る

行きたくなったら今すぐ伊豆大島の旅行計画を!

伊豆大島って、椿と明日葉が有名なんだね。椿オイルフォンデュはここでしか食べられないし、椿のオイルマッサージも気持ちよさそう!

でも、伊豆大島の郷土料理も気になるし、お刺身やアワビも名物料理も食べたい~!

天然温泉に日本ジオパーク…見どころも満載でいくら時間があっても足りないかも…。

よーし、しっかり計画たてて、めいっぱい伊豆大島旅を満喫するぞー!

「伊豆大島で泊まりたい、食事が美味しい宿7選」をご紹介しました。ホテルから旅館、民宿まで幅広いタイプの宿がありましたが、どこも新鮮な魚介や大島の特産品などがふんだんに使われた絶品料理を揃えています。美しい大自然、綺麗な海、美味しい食事をとことん満喫するなら、ぜひ伊豆大島へ旅してみてはいかがでしょうか。

東京・竹芝発!伊豆大島へ行くツアーを見る
TRIPin事務局

TRIPin事務局

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ