標高3776m、日本一の頂きへ!初心者向けのガイド付きプランからベテラン向けのフリープランまで、バス・新幹線・飛行機で行く、トラベルロードの富士登山ツア...

富士山登山ツアー・富士登山ツアー・Mt.fuji(バス・飛行機・新幹線)

  1. 富士登山ツアー
  2. 【レポート】好日山荘 虎の巻「富士山登頂率アップ講座」
【hotmail.com, hotmail.co.jp, outlook.comメールをお使いの方】
お申込完了後の自動返信メールが受け取れない場合があります。お手数ですがお申込時はそれ以外のアドレスをご記入ください。
2017年富士登山ツアーは催行を終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました。
ニュース

【レポート】好日山荘 虎の巻「富士山登頂率アップ講座」

2017/06/27

好日山荘 虎の巻「富士山登頂率アップ講座」

6/26、好日山荘・池袋西口店マウントラボにて開催された『聞けば必ず登頂確率が上がる!!富士山に登頂する秘訣!!』に参加してきました。この夏、富士山頂をめざす方に役立つレクチャーでしたので、内容をレポートいたします。
ぜひ参考にしてみてください。
【のぼるなら好日山荘へ。】この夏、富士山に登るアナタを応援!初心者におすすめの登山ルート・服装・装備

もくじ

盛りだくさんの内容でしたので、もくじ付きです。

レクチャー前(山チョコ)

山チョコ

講座参加者に大東カカオさんより「山チョコ」のサンプルが配られました。(写真)
チョコレートは登山中のカロリー補給に最適ですが、溶けやすいという難点があります。
その問題を解決した「溶けにくいチョコ」がこの「山チョコ」だそうですが、
当日の好日山荘池袋店で売り切れてしまい、せっかくサンプルを配ったのに誰も買えないほどの人気ぶりでした。(すぐ入荷するそうです)

1. ルート選択

好日山荘 虎の巻「富士山登頂率アップ講座」

ここからは好日山荘登山学校チーム所属・日本山岳ガイド協会認定ガイドの田中ガイドによるレクチャーです。まずは富士登山の各登山道について。

富士吉田ルート

標高約2,300mからスタートで、登山者の7割が利用。途中の山小屋は16件!首都圏からのアクセス良好。

富士宮ルート

標高約2,400mと一番高所からのスタート。関西などからはこちらの方がアクセス良好。

御殿場ルート

標高1,000m台からのスタートとなかなか大変。

須走ルート

標高約2,000mからのスタート、吉田口よりプラス1時間程度だが、比較的空いています。

2. 時期

原則7月1日(富士吉田)〜8月末まで。
が、9月の3連休最終日まで、ところによっては公共のトイレが使えたりする場合があるようです。
田中ガイドの個人的なおすすめは9月。ご来光が特に美しいそうです。

注) トラベルロードのツアーでは閉山直前の9/9出発までご用意しております。

3. 日程

  • 1泊2日の日程が基本です。
  • 田中ガイドは体力に自信のない人を2泊3日の予定でガイドすることもあるそうですが、
    結局1泊で下山できるケースがほとんどだそう。
  • 遠方の人は近隣での前泊し、しっかり休むのがおすすめ。
  • 「弾丸登山はやめましょう」が原則ですが…
    「弾丸登山は滞在時間が短いので、ある意味高山病になりにくい」のも確かです。
  • いずれにしても、前日はよく寝ましょう。
  • バスで行くなら、できれば五合目までは寝ないこと。(高度順応のため)
  • 五合目で1〜2時間ほどかけて高度順応を行う。

五合目で高山病の初期症状(頭痛)を感じたら…

必ず「高山病 → 即下山」というわけでもありません。
高度順応できればOKなので、無理に歩き始めず、深呼吸で順応を待つ。
ただし頭痛+他の症状(吐き気など)になってしまうと厳しいです。
また、登山道で長時間休憩すると体温を奪われます。
あくまで五合目到着時に高山病っぽい症状を感じたら…という場合の話です。

4. 登山方法

ツアー登山、ガイド登山、個人登山それぞれのメリット・デメリットについて。

ツアー登山

メリット

  • 楽。一人でも格安で行ける。

デメリット

  • 日程、スケジュールが決まっている。例えば、プランによってはお鉢めぐりの時間がなかったりします。

ガイド登山

メリット

  • 日程がフレキシブル。

デメリット

  • 割高。グループで申込みするなら安くなります。

個人登山

メリット

  • 自由!ツアー会社の日程を参考に。

デメリット

  • 現地までの交通・山小屋は自分で要手配。

5. 前日、当日のスケジュール/山小屋で・睡眠の取り方

  • ツアー会社のスケジュールが参考になる。
  • 「山頂でのご来光」が目的なら、そこから逆算して登山計画を立てる。
  • 高度順応が重要。五合目で1時間、山小屋6時間滞在なら2時間は寝ない時間+4時間寝る計算。
  • すぐ寝ない理由も高度順応のため。
    寝ている時は酸素消費量も減るが、酸素吸入量も減る。実は高山病発症は睡眠中が多い。
    眠れない時は体だけ休める、深呼吸、こまめに水分補給しておく。
  • 貧血気味の人は低い標高のほうが高度順応の負担が小さく、高山病にかかりにくい。高い標高だと高度順応が大変です。必ずしも高い標高の山小屋が良いわけではないです。

6. 歩行ペース・歩き方

登山中の理想的な心拍数は?
(220 – 年齢) × 0.6 = 限界ペースの心拍数

例)30歳の方なら心拍数114以上が続くとバテてしまいます。

  • 人と話ができる程度、自発的に呼吸できるペースで歩くのがベストです。急がない。
    吉田ルートの五合目は下り坂〜ゆるい上りなのでペースを上げがちですが、ここでゆっくり歩くペースを作りましょう。
  • ペースが早すぎると、汗をかいて、休憩も増えてしまいます。
    休憩のたびに体温も下がります。不要な休憩を増やさないよう意識。ただし、水分補給はこまめに。
  • 30分〜1時間で休憩するのが理想的。とはいえ、空気の薄い9合目以降はどうしても辛いです。

7. 水分・エネルギー補給

好日山荘 虎の巻「富士山登頂率アップ講座」

体重 × 5ml/kcl = 1時間の摂取量

  • 代謝で減っていく水分を見越して、こまめに補充しましょう。
    水分は一気にたくさん飲まず、少しずつ飲みましょう。
    一気に飲むとトイレが近くなるのでお財布にも優しくないです。
  • ハイドレーションタンクは便利ですが、使うなら事前に使い方に慣れておきましょう。
  • ゼリー状のカロリー補給サプリメントも有効です。
    ただし、「ダイエット」と銘打っているものはカロリーがないので無意味です。
    代謝がよくなるので元気になった気はしますが、カロリー補給されてないため、実は効果がありません。

8. 装備

好日山荘 虎の巻「富士山登頂率アップ講座」

服装

  • 雪が積もらない真冬の山(アイゼン・ピッケルを使わない程度)を想定した準備が必要です。
  • インナーダウン・フリース・防水手袋はあったほうがよいです。
  • 両手が空くヘッドランプは必ず持参しましょう。

下山時の砂対策

  • 御殿場ルートは砂対策マスト。スパッツ・バフ(Buff/ネックウォーマー)など。
  • バフはマスクでも代用可ですが、息苦しくなりがちで、保温効果は低いです。
  • 富士宮ルートなら、砂対策はしなくてもなんとかなります。

コンタクトレンズを使っている人は…

花粉症対策の伊達メガネが砂対策に有効です。

9. ストレス軽減

山小屋であると便利なもの

  • 耳栓 … 周囲の人のいびき対策
  • アイマスク … 安眠のため。
  • 大判のウェットティッシュ … 汗をかいた体を拭くため。少しでも快適に休めるように。

喫煙する人は…

無理に禁煙してストレスをためるのも逆効果です。
吸わない人への配慮や吸殻の持ち帰りには気をつけつつ、ほどほどに。

10. 呼吸方法

しっかり息を吐いて新しい空気を吸い込むことが重要です。
肺の中の気圧を上げる。「口笛呼吸」「シェルパ呼吸」「口すぼめ呼吸」 などの呼吸法が有効です。

11. トレッキングポールの活用

持っている人は是非活用しましょう!下りだけでなく、登りでも便利です。
トレッキングポールを適切に使えば体のバランスも取りやすく、推進力も加わります。
ただし他の道具と同じで、事前に慣れておく必要があります。本番でいきなり使うのはNG。
また、持参したけど結局使わないなら荷物になってしまいます。

12. 質疑応答

最後に質疑応答がありました。興味深い内容をピックアップします。

Q. おすすめの山小屋は?
A. 吉田口なら蓬莱館、東洋館がキレイ。吉田口五合目の手前にある奥庭荘(おくにわそう)は意外と穴場。

まとめ

好日山荘 虎の巻「富士山登頂率アップ講座」

今回ご紹介した好日山荘の富士山登頂率アップ講座ですが、「登山経験は少ないけど富士登山に登ってみたい!」という方には非常におすすめの内容でした。
開催は関東・関西・甲信越・中部のみとなりますが、お近くで今年富士登山を考えている方、検討してみてはいかがでしょうか。
【のぼるなら好日山荘へ。】この夏、富士山に登るアナタを応援!初心者におすすめの登山ルート・服装・装備

 
ニュース一覧 次へ

トラベルロードの富士登山ツアー

バスで行く富士登山ツアー

飛行機で行く富士登山ツアー

ご予約・お問い合わせ
	トラベルロード予約センター
	03-6690-4540 ご旅行代金のお支払い(クレジットカード・コンビニ決済・銀行振込)
ページの先頭へ