メニュー

  1. 伊豆諸島・伊豆七島ツアーは|TABIXIA|東海汽船・飛行機で行く!
  2. 伊豆諸島の観光情報(みどころ)
  3. 伊豆大島の観光地一覧
  4. 【伊豆大島】伊豆大島一周道路

【伊豆大島】伊豆大島一周道路

最終更新日:2020/06/03

正式名称は「東京都道208号大島循環線」

名前のとおり伊豆大島を一周する道で、その距離約46.6km。寄り道なしで車なら約1時間、自転車の場合は約4時間で一周できます。

自転車でチャレンジ!伊豆大島一周

離島ならではのダイナミックな風景を楽しみつつちょうどよい距離感で一周でき、信号も少ない伊豆大島。 現在、「自転車の聖地」として絶賛PR中です。

伊豆半島や富士山を眺めながら海岸沿いを走る「サンセットパームラインコース」や 本格ヒルクライムの「三原山登山道コース」「御神火スカイラインコース※」など ライト層から自転車ガチ勢まで楽しめるバラエティに富んだコースがあります。

そんな伊豆大島の最長コースが「大島一周道路コース」。ここでは元町から時計周りで走るコースをご紹介します。(反時計回りももちろん可能ですが、標高差はよりハードです)

「大島一周道路コース」ルート解説

– 元町地区から岡田地区まではウォーミングアップ。直線的でアップダウンもゆるやかです。
– 岡田地区を過ぎた泉津(せんづ)地区では鬱蒼とした椿トンネルを通ります。
– 大島公園を過ぎると、平均斜度6.5%・高差265mの急登エリアに突入。
– 大島公園から波浮地区まではお店や自動販売機もなく、キャリアによっては電波も入らないためご注意ください。
– 島の東部は小さなアップダウンの繰り返し。車も少なく、風景は山と海のみの静かなコースが続きます。
– 平均斜度7.2%・標高差340mの急坂を下って筆島を過ぎると、波浮港見晴台に到着。余裕があれば波浮港まで降りてみるのもよいでしょう(ただし、登り返しあり)
– このあたりまで来ると南の展望が開けてきます。天気がよければ洋上には利島や新島が見えます。
– 差木地地区から地層断面、野増地区のあたりは小さなアップダウンが続き、地味につらいポイント。
– 元町に到着。お疲れ様でした!浜の湯か御神火温泉で汗を流しましょう!
※ 2013年10月に発生した大規模土砂災害により通行不能になっていた「御神火スカイラインコース」ですが、2016年に復旧・開通しております。

ツアーインフォメーション

コンテンツ

国内ツアー