トラベルロードの尾瀬ツアー。尾瀬のみどころのご案内。

尾瀬ツアー

  1. 尾瀬ツアー
  2. みどころ
  3. ザゼンソウ(座禅草)
【2018年尾瀬ツアー】受付中です。
※ご予約はご出発2日前までにお申し込みください。
尾瀬のみどころ

ザゼンソウ(座禅草)

前へ みどころ一覧 次へ

画像クリック/タップで拡大

花言葉は『沈黙の愛』

尾瀬では5月上旬~6月上旬、残雪の時期に開花します。
その名の由来は、僧服の襟を立て坐禅しているお坊さんのように見えることから。
一見ミズバショウと似ていなくもない姿。分類的にも同じ「オモダカ目サトイモ科」の仲間です。
「仏焔包(ブツエンホウ)」と呼ばれる葉の一種のなかに円柱状の花を持つ…ところまでは共通ですが、可憐なイメージのミズバショウとは対象的な生態です。

ザゼンソウは英名『スカンクキャベツ』。肉が腐ったような悪臭を放ってハエを呼び寄せ、受粉をうながします。われわれ人間からすると「どうしてこうなった…」と言いたくなりますが、これは寒冷地で子孫を残すための合理的な繁殖戦略です。

なぜハエかというと、ザゼンソウの開花時期はまだ寒く、ほかに活動している花粉媒介者が少ないため。
さらに、そんな時期にハエを呼び寄せるため、なんとザゼンソウは発熱します。ハエにとっては暖も取れるので一石二鳥です。

ところで、ラベンダーで有名な北海道・富良野の名はアイヌ語の「フラヌイ」(臭くにおう泥土、の意)に由来します。
かの地の川が硫黄臭いためについた名前とされます。
尾瀬のザゼンソウはもともと数が少なく、見かけたらラッキーな存在ですが、もし尾瀬にミズバショウではなくザゼンソウが大群落を作っていたら?
もしかしたら「臭くにおう原」みたいな名前がついていたかもしれません…。

名前 ザゼンソウ(サトイモ科ザゼンソウ属)
※別名:達磨草(ダルマソウ)
漢字 座禅草
花期 5月上旬~6月上旬
花言葉 沈黙の愛

『ザゼンソウ(座禅草)』について


前へ みどころ一覧 次へ

トラベルロードの尾瀬ツアー

日帰りツアー

宿泊ツアー

ラフティング・キャニオリング

直行バス(バスのみ)プラン

ご予約・お問い合わせ
	トラベルロード予約センター
	03-6690-4540 ご旅行代金のお支払い(クレジットカード・コンビニ決済・銀行振込)
ページの先頭へ