伊豆諸島のひとつ、三宅島。海にぽっかりと浮かぶこの島は、山手線の内側とほぼ同じ大きさです。また活火山ああることでも知られていますが、国内でも有数のダイビングスポットとして大変有名な島です。また、ダイナミックな地形から、トレッキングなどのアクティビティも楽しめます。もちろん、美味しいお魚がいただけるグルメ島でもあるのです。今回は、そんな三宅島の紹介と、グルメ情報をたっぷりお届けしたいと思います。

伊豆七島のどこかに旅行で行きたいんだけど、どこがいいのかな?

おすすめを教えるよ!島へ行って何がしたいの?

新鮮でおいしい魚も食べたいし、マリンアクティビティも楽しみたい!

それなら三宅島はどう?新鮮な魚はもちろん、イルカと泳げるアクティビティもあるよ。

そうなんだ!三宅島のことをもっと教えてほしいな。

ワクワク体験が出来る!イルカと泳げる三宅島

三宅島は、とびきり新鮮な魚が食べられて、ワクワクな体験が出来る、とっておきの島です。イルカと一緒に泳げるという、とっておきの場所だからです。イルカと泳ぐなんて、ハワイなどの南国の島でしかできないと思っている方も多いかもしれませんが、こんなに近い場所で叶えられたのですね。つぶらな瞳のイルカは、好奇心がとても旺盛。人間が近づいてもあまり怖がることはありません。しかも、彼らは野生なので、広い海の中でのびのびと泳ぐ、イルカ本来の姿を見ることができますよ。泳ぎに自信がないという方は、船上からウォッチングする体験ツアーも用意されています。いずれにせよ、貴重な体験となるはずですよね。ドルフィンスイムやウォッチングを実施しているお店は「オーシャンクラブNo3」がおすすめですよ。

東京・竹芝発!三宅島へ行くツアーを見る


【オーシャンクラブNo3】
住所:東京都三宅村阿古759-2
電話番号:04994-5-0050

大自然の偉大さに感動!ダイナミックな地形の三宅島

三宅島は、活火山を持つ島です。島はほぼまん丸の形で、ちょうど中心にある雄山がそびえ立っています。雄山の真ん中には直径1.6kmにもなるカルデラがあり噴火口があります。また、海岸付近にもマグマ水蒸気による爆裂火口があちこちに見られ、この島が活火山であること、噴火によりたびたび地形変動を起こしていることをうかがい知ることができます。そんな、ダイナミックな地形に触れるトレッキングツアーが大人気。また、国の天然記念物にも指定されている「アカコッコ」などの珍しい鳥や、どうしてこんな形になったのかと思うほど奇妙な「迷子椎(まいごじい)」に出会うため、多くの人が海をわたってわざわざこの島に訪れています。ちなみに「迷子椎」は、神が宿るという言い伝えも。パワースポット巡りに興味がある方はぜひ訪れてみてください。ネイチャーツアーやトレッキングを実施しているお店は「島の宿スナッパー」がおすすめです。

東京・竹芝発!三宅島へ行くツアーを見る


【島の宿スナッパー】
住所:東京都三宅島三宅村神着1172
電話番号:04994-2-1433

三宅島でどこに泊まる?料理自慢のおすすめ宿5選


旅行の醍醐味のひとつとして、やはりご当地の料理が美味しいところに泊まりたいものですよね。三宅島には部屋数が100室ほどあるような大きなホテルはありませんが、こぢんまりとしていて落ち着けるホテルや民宿、ペンションといった宿泊施設から選ぶことができます。そのなかでも特に料理が美味しいと評判のおすすめな施設を紹介します。

【ホテル海楽】


(※画像は夕食の一例です。)
錆ヶ浜港のフェリー乗り場から、歩いてわずか4分で到着できる便利な「ホテル海楽」。本館・新館・別館からなる、島で最も大きな宿泊施設です。三宅島の観光名所である「メガネ岩」と「三宅島郷土資料館」へは1 kmほど。ホテル内に釣り具売り場が設けられているように、釣り人にも人気の高いホテルであります。また、錆ヶ浜海水浴場は徒歩5.6分程度なので海水浴がメインの方にも大人気です。お料理は、毎朝獲れ立ての海の幸を仕入れるなど、新鮮さにはこだわりがあります。旬の素材の味を活かしたお料理を提供し、なおかつボリュームもあるので沢山食べる男性の方にも好評です。朝食はバイキング形式でいろいろな味を楽しめるので、好き嫌いのあるお子さま連れでも安心ですよ。

ホテル海楽のツアーを見る

お部屋は和室で、トイレ・洗面所付き部屋と、共用タイプの2種類。広々とした大浴場や宴会室もあり、さまざまなニーズに応えられるホテルです。館内には無料で利用できる乾燥機付き洗濯機も設置されていたり、ロビーではお飲み物の注文も可能など、かなり利便性の高いホテルです。また、夏季限定ではありますが、三本岳や星空を眺めながら過ごせるビアガーデンもホテルの屋上にオープンします。ちなみに、ホテルから歩いて10分くらいのところには、島で1つの温泉施設「ふるさとの湯」(入浴料500円)がありますよ。


住所:東京都三宅島三宅村阿古1878
電話番号:04994-5-0131
アクセス:鯖ヶ浜海水浴場 徒歩5分

ホテル海楽のツアーを見る

【やまのべ旅館】

「三宅島に来て良かった」と思ってもらいたいというオーナーと女将さんの思いが詰まった小さな宿「やまのべ旅館」。心のこもったおもてなしが人気の理由です。泊まりに来られるお客様を一人一人大事にしたいという思いで、部屋数はあえて3部屋のみ。館内には囲炉裏があり、客室もしっとりと落ち着いた雰囲気の和室です。季節の食材を活かしたお食事や三宅島の地の物を食べさせてくれます。各港や空港までは送迎も行ってくれます。ほっこりとしたい人におすすめの宿といえます。あたたかいおもてなしと美味しい地の料理を食べたい方にはピッタリの旅館ですよ。

やまのべ旅館のツアーを見る


住所:東京都三宅島三宅村阿古1544
電話番号:04994-5-0317
アクセス:鯖ヶ浜海水浴場 徒歩15分

やまのべ旅館のツアーを見る

【ペンションサントモ】


(※画像は夕食の一例です。)
三宅島のなかでも、観光に便利な阿古地区にある「ペンションサントモ」。こんもりとした緑と季節の花々が宿泊客を出迎えてくれます。海岸までは徒歩5分で行くことができます。部屋は和室、洋室ともに用意されており、いずれも清潔感があり居心地の良さが評判です。また、ほどよく日差しの入る休憩所もあるなど、くつろぎのときを過ごすことができるのも魅力です。Wi-Fiも完備。お風呂は共同浴場を利用しますが、トイレ・バス付きのお部屋もあります。洗濯機や乾燥機もあるので、安心してお過ごしいただけますよ。

ペンションサントモのツアーを見る

このペンションは地産地消にこだわった料理をいただけるのも特徴で、「まえば」、「カメノテ」と呼ばれる貝類は、通年いただくことができますし、秋には自然薯、春・夏はトビウオ、冬には芋餅など、島ならではの食材が登場するのもポイントです。これらの珍しい食材を使用した島の郷土料理をもとに、和洋にアレンジした彩り豊かな夕食が楽しめます。1年を通して、全シーズンに訪れてみたくなりますね。


住所:東京都三宅島三宅村阿古575
電話番号:04994-5-0532
アクセス:鯖ヶ浜海水浴場 徒歩5分

ペンションサントモのツアーを見る

【民宿いけ吉】


(※画像は夕食の一例です。)
目の前に広がる海を眺めながら過ごせる宿「民宿いけ吉」。屋上にはフリーテラスを設置され、真っ青な海はもちろん、朝焼け、満天の星空を堪能できます。部屋は和室、洋室の2タイプがあり、一部の和室をのぞき、オーシャンビューを楽しむことができます。この宿の最大の特徴は、「割烹 いけ吉」の若オーナーが経営する宿泊施設な為、仕入れる魚が新鮮なのはもちろんですが、割烹屋ならではの見事な魚さばきで、素材の味を最大限引き出したお料理がいただけます。なお、明日葉摘み体験やサーフガイドも行っていますので、料理だけではなくアクティビティなども楽しめます。また、徒歩5分ほどのところに国内最大級のボルダリング施設があるので、万が一悪天候だった場合に利用するお客様も多いとのことです。

民宿いけ吉のツアーを見る


住所:東京都新島村本村3-6-14
電話番号:04992-5-0836

民宿いけ吉のツアーを見る

【民宿姉妹】


(※画像は夕食の一例です。)
サーフィンや海水浴で人気の三池浜まで徒歩で約3分の好立地にある「民宿姉妹」。スキューバーダイビングや釣りなどのツアーも受け付けており、マリンレジャーの拠点にぴったりです。女将さん特製のおもてなし料理が自慢で、美味しい地魚のお刺身や島の食材を使用した天ぷらに加え、韓国出身のおかみさん特製の韓国料理など、バラエティ豊かな食事がいただけますよ。アットホームな雰囲気が魅力的なお宿です。

民宿姉妹のツアーを見る


住所:東京都三宅村坪田8-5655
電話番号:04994-8-5655
アクセス:三池浜水浴場 徒歩3分

民宿姉妹のツアーを見る

 三宅島で話題のおすすめカフェ&グルメ店


(ギャラリーカフェカノン 提供元:東京都産業労働局農林水産部食料安全課)

宿泊施設以外でも、新鮮な魚介類を扱うお店はもちろん、インスタ映えするようなオシャレカフェもあるので、紹介していきますね。

【cafe691】

観光の合間に一息入れたい・・・そんなときにおすすめなのが「cafe691」です。海を眺めながら、甘い飲物をいただけば疲れも吹き飛びます。心地よい音楽を聴きながらのんびりできるので、一人旅の方にもぴったりです。もともとは沖倉商店という名前でしたが、リニューアルしてオシャレなカフェへと生まれ変わりました。場所は、阿古の港が見渡せる好立地にあり、絶景が見られるカフェとして人気を集めています。運が良ければ沖合を泳ぐクジラを見ることもできますよ。メニューは三宅島ブレンド、溶岩ブレンドなど、ユニークなネーミングのオリジナルブレンドコーヒーのほか、マシュマロ入りコーヒーやヘーゼルナッツラテなど甘めのドリンクもあり品ぞろえ豊かです。また、店内にボルダリングもあるので、小さなお子さま連れにもおすすめです。もし時間が選べるのであれば、夕方に訪れると、沖合にある三本岳に落ちるサンセットを見ることができます。ロマンチックな夕景をぜひお楽しみください。

住所:東京都三宅島三宅村阿古691
電話番号:04994-5-0012
営業時間: 10:00~18:00
公式URL:https://tabelog.com/tokyo/A1331/A133101/13151374/

東京・竹芝発!三宅島へ行くツアーを見る

【ギャラリーカフェカノン】


提供元:東京都産業労働局農林水産部食料安全課
落ち着いた雰囲気のカフェ「ギャラリー カフェ カノン」。名前のとおり、ギャラリーも兼ねています。三宅島の自然を描いた絵画を見ながら、やすらぎのひとときをお過ごしください。曜日によっていただけるものが異なり、火曜から木曜日まではカフェとしての営業となり、ドリンクのほか、あんみつやところてんなどの和スイーツやワッフルセットがいただけます。一方、金・土曜はランチ営業をしています。焼きたてパンを使ったボリューム満点のハンバーガーや、お肉とつみれのWロコモコ丼などの洋食メニューのほか、焼きチーズあしたばカレーといった島野菜を使ったオリジナルメニューを楽しむことができます。

住所:東京都三宅島三宅村伊豆36
電話番号:04994-2-1239
営業時間: 金・土曜ランチ 11:00~17:00  火~木曜カフェ 12:00~16:00 (定休日:日曜・月曜)
公式URL:http://natu07miyake.blog28.fc2.com/

【自家製あしたば麺卯月】

明日葉をつかった麺を提供している珍しいお店、「自家製あしたば麺卯月」。名前のとおり、麺に、島を代表する食材である明日葉を練り込んでいるのが特徴です。バンバンジーならぬバンバンうどんなどオリジナリティあふれるメニューもあり楽しめます。なお、小麦粉は北海道小麦、あしたばは新芽だけを使っているなど素材にも拘っています。海の幸であるつみれを入れた黒潮うどんやあしたばを使った一品料理もあり、何を食べるか迷うほど盛りだくさんですよ。

住所:東京都三宅島三宅村伊豆22-3
電話番号:04994-8-5855
営業時間:11:30 ~ 14:00 / 17:00 ~ 21:00

東京・竹芝発!三宅島へ行くツアーを見る

【リターノ】


提供元:東京都産業労働局農林水産部食料安全課
新鮮な地魚を使った海鮮料理や農園直送の野菜やフルーツをたっぷり使ったメニューが充実している「リターノ」。お酒とこだわりの食材を目当てに、たくさんの観光客が訪れるお店です。せっかくだから夜も楽しみたい!という方はぜひ訊ねてみてください。道路から少し奥に入っていったところにあるので、少しわかりづらいかもしれません。

住所:東京都三宅島三宅村神着421-5
電話番号:04994-2-1245
営業時間: 18:00~24:00(日曜は定休)

三宅島へはツアーが便利!アクセスやベストシーズンは?

気になる宿やお店がたくさんあったね!

おいしそうなご当地料理がたくさんで、行きたくなっちゃった。

しかも三宅島はイルカと泳げるから最高じゃない!

本当だね!自然が好きだからネイチャーツアーも興味あるよ。

となれば、三宅島に決定だね!


三宅島へのアクセスは2通りの方法があります。
1つは、東京の竹芝客船ターミナルから出ている大型客船を利用する方法です。夜行便となるので、夜に出発して朝方に到着します。大型客船は揺れも少ないので船酔いしやすい方にもおすすめです。新しい船なので船内も清潔、振動も少ないので、快適に過ごせると評判です。2等席でも、半仕切があるなど、落ち着いて過ごせるよう工夫されていますよ。グループで訪れる場合は、特1等和室がおすすめ。テーブルのある貸切りタイプの部屋なので、窓から海を覗いたり、トランプなどのカードゲームをしたり、おしゃべりをしながら楽しく船旅が可能です。
ちなみに、キッズルームやペットルーム、授乳室も完備していますよ。三宅島にはいくつか港がありますが、どの港に接岸するかは、その日の海などの状況を見て決まります。出港してみないとわからないのですが、それも黒潮がぶつかる位置にある三宅島の面白さでもあります。
一方、時間節約派は、飛行機が便利です。東京の調布飛行場から定期便が就航していて、最短で45分で着くのであっという間ですよ。1日、2,3便で、ハイシーズンは4本運航されることもあります。

東京・竹芝発!三宅島へ行くツアーを見る


三宅島はそれほど広くはありませんが、徒歩よりはレンタサイクルや車を活用するほうがより楽しめます。最もおすすめなのはレンタカーです。荷物も詰めるし、移動時間をストレスフリーで楽しむことができますよ。
三宅島の気温は、東京都心より3,4度高いといったところです。海開きは7月からになり、イルカたちと会えるのも夏限定なので、海水浴やドルフィンスイムが目的の方は夏がベストシーズンといえます。一方、トレッキングやネイチャーツアーは、温暖な季節の春や秋がおすすめですよ。三宅島は3月から徐々に温かくなってくるので、3月~6月、10月~11月あたりがベストシーズンといえるでしょう。
なお、船や飛行機などの移動手段や、宿をすべて自分で手配するのは大変なので、旅行ツアーが圧倒的に便利なので、泊まりたい宿泊施設を見つけたら、是非あなたにあったツアーを探してくださいね。

東京・竹芝発!三宅島へ行くツアーを見る
TRIPin事務局

TRIPin事務局

RELATED COLUMN 同じカテゴリのコラム

コラム一覧へ