いまや尾瀬の風景の一部、全長約60kmの木道網。トラベルロードの尾瀬ツアー。尾瀬のみどころ「木道」のご案内。

尾瀬ツアー

【2018年尾瀬ツアー】受付中です。
※ご予約はご出発2日前までにお申し込みください。
尾瀬のみどころ

木道

前へ みどころ一覧 次へ

画像クリック/タップで拡大

いまや尾瀬の風景の一部、全長約60kmの木道網

さわやかな緑一面の湿原に、どこまでも続く木道…
多くの人にとって、尾瀬はこうした風景とともにイメージされるのではないでしょうか。

いまや尾瀬の風景の一部といえる木道ですが、現在の形に落ち着くまで、さまざまな紆余曲折を経ています。

最初の木道は昭和27年(1952)、大江湿原〜赤田代間に設置されました。
森から伐り出した木材や倒木をぬかるみのひどい場所に置き、登山者が歩きやすいよう整備しました。
ところが昭和30年代の観光ブームで尾瀬を訪れる人が増えると、木道から外れて歩く人も増え、湿原の踏み荒らしが問題になります。
結果、木道には「多くの登山者から湿原を守る」という役割も加わります。

昭和30年代後半には行政や東京電力(群馬県側の土地を所有)も木道整備に取り組み、域内約60kmにおよぶ木道網が完成。
厳しい自然環境の尾瀬では木道の腐食が早く、途中は軽量コンクリート製・ウレタン板・アルミ板の道も試験導入されましたが「滑りやすい」「壊れやすい」などの理由で登山者には不評でした。
結果、木道に落ち着いています。

昭和46年(1971)に域内の木材調達が禁止されてからは、おもに長野県産カラマツが使われています。
腐りにくいカラマツですが、それでも木道としての寿命は7年〜10年。
木道1基あたり長さ4m、幅50cmもあるため、さすがにボッカさんが運ぶわけにもいかず、ヘリコプターで搬入されています。
敷設と維持にかかる費用は、木道1mあたりの換算で約12万円とのこと。

近年は撤去後の木道をリサイクルし「エコペーパー」として再利用する取り組みも始まっています。

環境保護活動レポート≪木道工事編≫|尾瀬とTEPCO|東京電力
参考文献
新井幸人『尾瀬の素顔』(1994)マガジンハウス.
尾瀬保護財団『尾瀬自然観察ガイド』(2002)山と渓谷社.
猪狩貴史(編著)・尾瀬保護財団(監修)『尾瀬自然観察手帳』(2008)JTBパブリッシング.


木道 周辺マップ
(GoogleMap)

前へ みどころ一覧 次へ

トラベルロードの尾瀬ツアー

日帰りツアー

宿泊ツアー

ラフティング・キャニオリング

直行バス(バスのみ)プラン

ご予約・お問い合わせ
	トラベルロード予約センター
	03-6690-4540 ご旅行代金のお支払い(クレジットカード・コンビニ決済・銀行振込)
ページの先頭へ