メニュー

  1. 東海汽船・飛行機で行く伊豆諸島・伊豆七島旅行ツアーはトラベルロード
  2. 伊豆大島旅行ツアー

伊豆大島旅行ツアー

伊豆大島

都心から一番地近い伊豆諸島最大の島、伊豆大島。自然あふれる伊豆大島では、三原山をはじめとする雄大な景観や、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツを楽しむことができます。トラベルロードの伊豆七島・伊豆大島旅行ツアーのご案内。

東京・竹芝から高速船で2時間弱。「御神火」三原山が作り出したダイナミックな風景に、椿をはじめとした花の島。海も観光も温泉も満喫できます。近年はダイビング・自転車旅の目的地としても人気。

伊豆大島旅行ツアー アクセス

竹芝客船ターミナル(東京)
高速ジェット船
最短1時間45分
伊豆大島旅行ツアー
竹芝客船ターミナル(東京)
大型客船(夜行便)
最短6時間
伊豆大島旅行ツアー
東京・竹芝発のツアーはこちら
熱海港
高速ジェット船
最短45分
伊豆大島旅行ツアー
熱海発のツアーはこちら
久里浜発※期間限定
高速ジェット船
最短1時間
伊豆大島旅行ツアー
久里浜発のツアーはこちら
伊東港※期間限定
高速ジェット船
最短35分
伊豆大島旅行ツアー
伊東発のツアーはこちら
調布飛行場
飛行機
最短25分
伊豆大島旅行ツアー
調布飛行場のツアーはこちら

伊豆大島旅行ツアーの宿泊施設を探す

伊豆大島旅行ツアーのオプションを探す

伊豆大島旅行ツアーの観光地

伊豆大島旅行ツアー 島内の交通手段

バス

おすすめ度

タクシー

おすすめ度

レンタカー

おすすめ度

レンタルバイク

おすすめ度

レンタサイクル

おすすめ度

徒歩

おすすめ度

対応オプション

関連Q&A

伊豆大島へのアクセス、所要時間は?

伊豆大島へ行き方は3種類あります。 ・① 東京・竹芝港・横浜港から出発する客船「さるびあ丸」で行く ・② 東京・竹芝港ほかから出発するジェット船で行く ・③ 調布飛行場から飛行機で行く

伊豆大島へのアクセス 東京・竹芝客船ターミナルから大島へ 熱海港から大島へ 久里浜港から大島へ 伊東港から大島へ 調布飛行場から大島へ

伊豆大島は伊豆諸島でもっとも本土に近いため、交通手段や発着地も豊富で、東京・竹芝港をはじめ各地の港から出発する客船・ジェット船のほか、調布飛行場からは飛行機でアクセスできます。

前日夜の船で出発し、翌日夕方に戻る夜行日帰り旅行も人気です。特に往復の船とレンタカーがセットになった日帰りツアーは毎年ご好評いただいている人気商品です。

大島日帰り【レンタカーパック】

ちなみに飛行機の場合、調布⇔大島間はたった25分と至近です。

離島旅行の醍醐味、船旅もおすすめです。行きは竹芝発の大型客船「さるびあ丸」で夜に都心を出発し、早朝に大島着。お帰りもジェット船なら2時間弱です。(竹芝の場合) ※ジェット船は季節により運行する航路が変わるためご注意ください。

伊豆大島 客船・ジェット船の着岸港/出帆港について 伊豆大島には北部の岡田(おかた)港、西部の元町(もとまち)港という2つの港があります。海況によっていずれかの港に着岸しますが、どちらになるかは五分五分。 しいて言えば夜発の客船・さるびあ丸は岡田港着となるケースが多いです。船がどちらの港に着くかですが、行きは船内アナウンスで、お帰りの際は島内放送やお泊りのご宿泊施設にご確認ください。 東海汽船HP「本日の運行状況」のページからもご確認いただけます。
伊豆大島を一周すると、どのぐらい時間がかかりますか?

島内を一周する伊豆大島一周道路(東京都道208号大島循環線)は約46.6km、車なら約1時間ほどで一周できます。

信号の少ない伊豆大島は自転車の聖地としても有名で、週末になると自転車持参で大島一周ライドにやってくるサイクリストがたくさんいます。アップダウンが多くそれなりに走りごたえのあるコースですが、自転車で大島一周にチャレンジしてみたい方は伊豆大島一周道路のページもご覧ください。


大島にコンビニやスーパーはありますか?
コンビニはございませんが、スーパーや商店があります。ただし閉店時間が早いので、お早めにお買い物をお済ませください。なお、軽食類であれば島内に2箇所ある「自販機コーナー メルシー」(24時間営業)もご利用いただけます。
伊豆大島内の交通手段は何がありますか?

島内には、バス・タクシー・レンタカー・レンタバイク・レンタサイクルがございます。 ※レンタカーは台数に限りがあるので、早めのご予約をおすすめします。 ※流しのタクシーはなく、夜間はほとんどが営業終了しています。

交通手段 おすすめ度
バス 対応オプション
タクシー 対応オプション
レンタカー 対応オプション
レンタルバイク 対応オプション
レンタサイクル 対応オプション
徒歩

伊豆大島旅行ツアーの気候と降水量

関連Q&A

伊豆大島の天気と気候、本土との差は?

伊豆大島は「海洋性気候」のため、都心よりも夏は涼しく、冬は暖かいです。 夏は都心のようなコンクリートの照り返しがなく風もあるため、涼しく感じられます。 「太平洋の離島 = 南の島」というイメージがあるかもしれませんが、冬はそれなりに寒くなり、島のシンボル・三原山も年に一度ほど冠雪することがあります。

  伊豆大島と東京都心の気温/降水量  

伊豆大島の天気予報


伊豆大島旅行のベストシーズンはいつですか?

【1月〜3月】 島の一大イベント、『伊豆大島 椿まつり』が毎年1月下旬から3月下旬にかけて開催されます。 2016年には椿花ガーデン都立大島公園、都立大島高校が『国際優秀つばき園』の認定を受けました。 この時期は伊東稲取館山久里浜などからも東海汽船の臨時航路が運航し、多くの来島者で賑わいます。 なお、伊豆大島の都心との気温差は冬期で約2℃とそれなりに寒く、年に一度くらいは三原山が冠雪することも。

【4月〜6月】 初夏の伊豆大島の見ものが紫陽花(あじさい)。 この時期、椿花ガーデンのほか、大島公園から三原山頂口へつながる「あじさいレインボーライン」沿いに約3万本のあじさいが開花します。

【7月〜9月】 海水浴やダイビングなどマリンレジャーの時期。 三原山では大輪のタメトモユリが咲き乱れます。 なお、お盆の時期は人気ですので、早期のご予約をおすすめします。

【10月〜12月】 オフシーズンのため来島者は少なめで、静かに伊豆大島を堪能したい方におすすめの時期です。 一方、離島釣りで大物を狙いたいお客様にとってはここがオンシーズン。

  伊豆大島と東京都心の気温/降水量

上の表は伊豆大島と東京都心の年間の気温・降水量の比較です。 アクティビティ名の記載のある月がおおまかなベストシーズンです。


ツアーインフォメーション

コンテンツ

国内ツアー

050-1748-0802