伊豆大島 地層断面図

伊豆大島は周囲約55kmで山手線1周分ということもありしっかり回ると1日じゃ足りない場合もあります。そこで今回はここはいっとけ!王道観光ルートをご紹介します。初めて伊豆大島に来たときどこに行こう?となった際にはぜひご参考ください。
基本的にレンタカーを想定週末1泊2日で滞在での観光ルートとなります。

伊豆大島一周道路

伊豆大島に初めて行こうと思うんだ。

そうなんだ!いろいろな観光スポットがあるから楽しみだね。

観光地が多くて迷っているんだよね。

初めてってどこ行けばいいかわからないよね。

おすすめの観光ルート教えて~。

もちろん!今回は伊豆大島に住んでいる方にもアドバイスしてもらったからね!

岡田から元町まで王道ルート 伊豆大島北部編

伊豆大島

ではまず!王道の観光ルート紹介します!

はい!お願いします!

伊豆大島には電車がないのでバスやレンタカーが必要です。

レンタカー予定です!

伊豆大島の玄関口 岡田港

伊豆大島 岡田港

伊豆大島の港島への玄関口、港には立派な船客待合室があり船から降りたらどこか海外に来たような雰囲気を味わえます。館内はチケット発券場、レストラン、お土産屋さん、休憩場のある3階建ての建物です。到着後パンフレットなど島の情報を手に入れてみましょう。船に乗る前にちょっとお土産を買ったりもできます。2階ではジオパーク展示場があるので到着後情報取集をしてみるのもよし、島を出る直前に振り返りをしてみるのもおすすめですよ。
岡田港周辺にもお食事処やお土産屋さんもあるので船を待つ間の散策も楽しみ方の一つです。

日の出が見られる 日の出浜

伊豆大島

岡田港から徒歩3分のビーチです。その名の通り日の出が見れるポイントとしても人気です。小さなビーチで比較的穏やかなのでお子様連れにはぴったりです。夏場はライフセーバーも駐在しているので安心して海水浴を楽しめます。シャワー(水のみ)と更衣室も完備。綺麗な浜辺を散策しながら海を眺めてみてください。

ジブリの世界観 泉津の切り通し

伊豆大島 切り通し

伊豆大島のポスターでよく出る場所はここ!泉津の切り通し。
泉津は地名で岡田港から約10分ほどで着きます。ちょっと見つけにくい場所ですがここかー!と見つけると感動が増しますよ。道路を切り開いたような道が突如でてきます。大島を代表する写真スポットです。実はなんですがこの先保育園があるんです。今は保育園としては使われていないですが昔は園児たちの通学路だったと思うとなんだか素敵な通学路ですね。

入場無料 大島公園動物園

伊豆大島動物園

伊豆大島には動物園もあるんです。都立大島公園内の広大な敷地の動物園にはレッサーパンダや孔雀など珍しい動物なども飼育されており、種類も豊富です。その中でも特におすすめはバーバリーシープ。強そうな角がかっこいい〜。半日かけて観光できるくらい見応えがあるのでお弁当を持ってしっかり回るのもおすすめです。
この動物園はこれだけ見応えがあって入園料無料なのです。これは一見の価値ありです。

伊豆大島のシンボル 三原山

伊豆大島 三原山

北部だけでもこれだけ見どころがありますが、お待たせしました次は伊豆大島のメインスポット三原山の紹介です。
三原山へは登山道か御神火スカイラインで山頂駐車場まで行くことができます。山頂駐車場へ着いたら三原山展望スポットへ。三原山は標高758m(なごやで覚えてください)の伊豆大島の中心にある伊豆大島のシンボル。この展望台から三原山の全景を眺めて写真を撮るだけでもいいですが、せっかくなら山頂まで遊歩道をハイキングしてみましょう。山頂までは舗装された道が続いていますのでスニーカーでも歩いて登れます。

伊豆大島 三原山

いざ山頂に着くと三原神社がお出迎え、富士山をバックに鳥居と写真を撮ってみてください。山頂まで行って帰って往復約2時間、途中植生の移り変わりを感じたり溶岩をみて地球を感じたりするなど伊豆大島ならではのハイキングを楽しんでみてくださいハイキング後は歌の茶屋でちょっと一息つくのもいいですね。

伊豆大島の中心地 元町港

伊豆大島 元町

元町地区は伊豆大島の行政機関や銀行など中心地といってもいいでしょう。歩いて散策しながら昔の街並みを眺めてはいかがでしょうか?飲食店、スーパー、昔からあるお土産屋さんも立ち並びますので島で買い物もしてみましょう。
また、元町に宿泊の際は夜は飲み屋を飲み歩いたりちょっと足を伸ばしてスナックデビューもおすすめです。

自然と歴史を感じる 伊豆大島南部編

伊豆大島地層断面図

海も山も行けてすごくいいね!

そうでしょう。

動物園が無料なのはびっくりしたよ。

都立公園だからね。ゆっくり見られるからおすすめだよ。

なるほどね!

ではダイナミックな自然を感じる南部をご紹介します。

バームクーヘン? 地層大切断面

伊豆大島 地層断面図

大島一周道路を走っていると左手に縞模様の景色がいきなりどーんと現れます。
初めはバームクーヘン?と思うような景色に圧倒されます。こちらは通称バームクーヘンと呼ばれる地層大切断面です。全長は約640メートル、高さ24メートルとここまで長い地層は日本でも唯一の景色です。地表に現れている地層は約15,000年間の間の伊豆大島の大地の歴史そのものです。1層1層に歴史があると考えるとそのただの縞の模様と思うだけでなく噴火の歴史を間近に楽しんでみてください。改めて大島は火山の島だと気付かされます。
ここでも写真スポットを紹介。バス停の標識が実はバームクーヘンなんです。隠れ写真ポイントでもあるのでぜひ探してみてくださいね。

ノスタルジー 波浮地区

伊豆大島波浮

波浮の港も観光をする上では外せないポイント。約9世紀の水蒸気爆発で初めは池ができました。その後、津波で海と一体化して湾となりそこを当時の有識者のおかげで港化の工事が始まり今の波浮港は誕生しました。
港町を歩いてもらうと感じるとは思いますが、タイムスリップしたようなノスタルジーな雰囲気。ゆったりとした時間が流れるこの港町をぜひ散策してみてください。波浮の港を離れた後は波浮の見晴台にもぜひ立ち寄ってください。先ほど散策していた街並みを上から眺めることができます。ここでも記念に写真を撮ってみてください。

自然の力 筆島

伊豆大島筆島

あれ?なんか海から突き出てる?と発見すると思います。そう、あれも筆みたいな形をした火山なのです。
今の伊豆大島ができる数百万年前〜数万年前の火山が削られてできたのが筆島です。船で渡るなどはできないですが写真スポットの一つです。看板を目印に立ち寄ってみてください。

日本唯一の砂漠 裏砂漠

伊豆大島裏砂漠

ここは火星!?と初めは思うくらい雄大で不思議な景色です。国土地理院の地形図上では日本で唯一の砂漠として登録されているのがこの裏砂漠。
目の前に広がる景色は写真以上に圧倒されますよ。しゃりしゃりとした黒いスコリアの道を歩いて砂漠散策してみてください。月と砂漠ラインを通り駐車場があります。そこから徒歩で約10分で第一展望台まではたどりつけますので絶景をぜひ見にいってみてください。

王道の観光スポットを押さえておこう!

伊豆大島三原山

自然ってすごいね!

そうでしょう。忘れちゃいけないけど伊豆大島は東京都だよ。

東京都でこんな自然と歴史を感じられるなんて本当にすごいね。

うんうん。観光ルートは決まった?ぜひ参考にしてみてね!

ありがとう!素敵な旅になりそうだよ。

伊豆大島北部と南部の観光スポットですが1日でしっかりと回れるスポットをピックアップしました。
スケジュールをしっかり組めば大満喫できるのは間違いなし。観光の途中で食事を挟んだり、海辺をドライブしながら巡れば移動も観光になるのでぜひ参考に観光してみてください。あなたならではの観光スポットも探してみてください。

東京・竹芝発!伊豆大島のおすすめツアーを見る こちらの記事もオススメ★
【島に行ったらこれは食べたい!】伊豆諸島 各島のおすすめグルメ情報まとめ👆
1年中楽しめる伊豆大島のシーズン別人気おすすめ観光スポット12選👆
伊豆大島はグルメも楽しみたい★食事が美味しいオススメ宿泊施設7選👆
伊豆大島へのアクセス徹底解説!各交通手段の費用・時間をご紹介!【駐車場も】👆

RELATED COLUMN 同じタグのコラム

コラム一覧へ