大迫力!日本のホエールウォッチング発祥の地でクジラを見よう。トラベルロードの小笠原ツアー、小笠原諸島のみどころ「ホエールウォッチング」のご案内。

世界自然遺産 小笠原ツアー・小笠原旅行 TOKYO ISLANDS

  1. 小笠原ツアー
  2. みどころ
  3. |
  4. ホエールウォッチング
【hotmail.com, hotmail.co.jp, outlook.comメールをお使いの方】
お申込完了後の自動返信メールが受け取れない場合があります。お手数ですがお申込時はそれ以外のアドレスをご記入ください。
【2018年3月までご出発のツアー】
販売中です!!
小笠原のみどころ

ホエールウォッチング

前へ みどころ一覧 次へ

画像クリック/タップで拡大

大迫力!日本のホエールウォッチング発祥の地でクジラを見よう

捕鯨船の補給基地として開拓・定住が始まった歴史もあり、クジラと密接な関係にある小笠原。
商業捕鯨全面禁止後の1989年には、日本で初めてホエールウォッチングが行われました。
以来、国内ホエールウォッチングの本場として、毎年多くの人々を魅了しています。

ホエールウォッチングのシーズン

ザトウクジラの来遊期間が毎年12月頃から5月頃、特に2月から4月がよく見られる時期です。
マッコウクジラは通年で小笠原近海に生息していますが、よく見られるのは5月~11月で、島から10km程度沖合いでのウォッチングとなります。

洋上でのウォッチング

クジラを間近に感じたいなら、洋上ウォッチングがおすすめ。
現地ツアー会社が催行するホエールウォッチングツアーに参加してみましょう。
半日コース(約3時間)はザトウクジラ、1日コース(約7〜8時間)ならマッコウクジラにも出会えるかもしれません。
野生動物のため必ず遭遇できる保証はありませんが、比較的高い確率で見かけることができます。

なおシーズン中、運がよければ父島⇔母島間の定期船『ははじま丸』船上からクジラを見かけることもあります。

陸上でのウォッチング
「おが丸も船酔いで大変だったのに…」という方には陸上ウォッチングもあります。
父島ならウェザーステーション展望台、母島なら御幸之浜、鮫ケ崎展望台が適地です。

ウェザーステーション展望台では、2月〜4月のおがさわら丸入港後、小笠原ホエールウォッチング協会スタッフがクジラの陸上観察会を行います。
小笠原ホエールウォッチング協会で双眼鏡の貸出も行っています。(事前にご確認ください)

陸上からのウォッチングで面白いのが、クジラの立てる音。
クジラが水面から大きくジャンプすることを「ブリーチング」といいますが、遠く離れた海面でクジラがブリーチングすると、音だけが遅れて聞こえてきます。
美しいボニンブルーの海という周囲の風景とあいまって、なんとも幻想的な光景です。

ところで、クジラはなぜブリーチングをするのか…?
「体に付いた寄生虫を落とす」「求愛行動」「水音を利用した仲間とのコミュニケーション」など諸説ありますが、 はっきりした理由はまだ分かっていないそうです。

『ホエールウォッチング』について

その他 【見頃】ザトウクジラ : 2月〜4月、マッコウクジラ : 5月〜11月

前へ みどころ一覧 次へ

船+宿がセットでおトクな小笠原ツアーはこちら

小笠原まるっとツアー
おがまるパック
ご予約・お問い合わせ
	トラベルロード予約センター
	03-6690-4540 ご旅行代金のお支払い(クレジットカード・コンビニ決済・銀行振込)
ページの先頭へ