海底熟成で作る、小笠原ラム酒の新ブランド。トラベルロードの小笠原ツアー、小笠原諸島・母島のみどころ「海底熟成ラム『Mother』」のご案内。

世界自然遺産 小笠原ツアー・小笠原旅行 TOKYO ISLANDS

TOKYO ISLANDS 世界遺産 小笠原ツアー

ISLANDS & TOKYO

東京の島で最高の休日を

世界一の観光都市を目指す東京都の取組に賛同し、トラベルロードは「東京ブランドアクションパートナー」に登録しています。

  1. 小笠原ツアー
  2. みどころ
  3. 【母島】海底熟成ラム『Mother』
【2019GWご出発】12/28〜 受付開始予定
【~3月ご出発のツアー】
ご予約受付中!!
小笠原のみどころ

【母島】海底熟成ラム『Mother』

前へ みどころ一覧 次へ
【母島】海底熟成ラム『Mother』
【母島】海底熟成ラム『Mother』
【母島】海底熟成ラム『Mother』 小笠原の島レモンをたっぷり使ったコーラテイストのカクテル。その名も『マザー・オブ・リバティ』。ソルトのありなしで、まったく異なる味わいを愉しむことができます。
【母島】海底熟成ラム『Mother』 ブラッディメアリーのラム版。小笠原の水平線に沈む夕日をイメージしています。コクのあるラムが、島トマトの濃厚な味わいとマッチした、たいへん飲みやすいカクテルです。島トマトをかじりながらどうぞ。
【母島】海底熟成ラム『Mother』 小笠原特産のパッションフルーツを使ったオリジナルカクテル。名前の『ボニン・ホワイトアイ』は、小笠原諸島、母島固有の鳥、メグロの英語名。

画像クリック/タップで拡大

海底熟成で作る、小笠原ラム酒の新ブランド

地酒というと焼酎や日本酒をイメージしますが、ここ南国・小笠原では「ラム酒」。
ラム酒はサトウキビから作られますが、亜熱帯気候の小笠原では戦前サトウキビ栽培・製糖業が盛んでした。
さらに遡れば小笠原開拓時代の19世紀、移住してきた欧米系島民がラム酒を作り、小笠原に寄港する捕鯨船と取引していたとか。

そんな歴史をもつ小笠原のラム酒に、近年生まれた新ブランドが母島の『Mother』。
製法がとてもユニークで、発酵・蒸留を経て瓶詰めしたラムを小笠原の海底で約12か月かけて熟成し、ダイバーが海から引き揚げる…というもの。
適度な水温や穏やかな波の揺らぎで熟成させてできた海底熟成ラム酒です。
(瓶に付着物がありますが、中はちゃんと密封してあるのでご安心ください)

アルコール分40度。
小笠原の島レモンやパッションフルーツを使った、以下のようなカクテルを作るのもおすすめです。

【カクテルのレシピ例】Mother of liberty

小笠原の島レモンをたっぷり使ったコーラテイストのカクテル。その名も『マザー・オブ・リバティ』。ソルトのありなしで、まったく異なる味わいを愉しむことができます。


【カクテルのレシピ例】Sunset Mother

ブラッディメアリーのラム版。小笠原の水平線に沈む夕日をイメージしています。コクのあるラムが、島トマトの濃厚な味わいとマッチした、たいへん飲みやすいカクテルです。島トマトをかじりながらどうぞ。

【カクテルのレシピ例】Bonin white-eye

小笠原特産のパッションフルーツを使ったオリジナルカクテル。名前の『ボニン・ホワイトアイ』は、小笠原諸島、母島固有の鳥、メグロの英語名。

『【母島】海底熟成ラム『Mother』』について

公式HP http://www.hahajima.com/ogasawara-rum/mother/

前へ みどころ一覧 次へ

船+宿がセットでおトクな小笠原ツアーはこちら

小笠原まるっとツアー
おがまるパック
ご予約・お問い合わせ
	トラベルロード予約センター
	03-6690-4540 ご旅行代金のお支払い(クレジットカード・コンビニ決済・銀行振込)
ページの先頭へ